リフォーム業者を選び際の注意点

リフォーム業者を選ぶ3つのポイントを大公開!

この企業はどのくらい実績がある?

憧れだった住宅を購入して、もう数十年が経過する。そろそろ劣化や設備に老朽化が見られるので、リフォームして新築だったあの頃の様に戻したい。そう考えて施工をする方が多く、リフォーム施工の依頼数は年々増加しています。
そもそもリフォームはここ数十年の間で盛んになったサービスで、それよりも以前は立替という大きな施工が一般的でした。しかしバブルが弾け、長い不景気が訪れると共に住宅を買い換えるというのが少なくなりました。確かに住宅は安い金額ではありませんし、日本は小さな島国なので建てられる場所も限られています。
そんな中で今住んでいる住宅に手を加えて、住み続けるリフォームが生まれました。近年、世界中で今ある資源を大切に使う循環型社会を目指す動きも見られていて、リフォームはその循環型社会にも貢献しています。
リフォームは設備や老朽化した部分を元に戻す施工で、改築を含むリノベーションとは異なりますが、時折混同して考えられるケースもあります。近年ではバリアフリーに特化した施工や、今ある住まいをより住みやすくする為の施工など、数多くの施工方法があります。
リフォームが一般的になればなる程業者の数も増えていくのですが、同時に質の良くない業者も増えてしまいます。そんな業者に引っかからない為には、正しい知識をつけ、自衛する他なりません。ここではリフォーム業者の選び方にスポットを当てて説明しています。
これから施工を考えている方も、まだ施工を考えてはいないが将来的にリフォームをしたいと考えている方も必見の情報です。

リフォーム業者と施工について

いくら安価、施工方法が充実していても、技術力が伴っていないと意味がありません。特にリフォーム施工は、一生涯住む住宅に関する事なので慎重になりたいですし、失敗したからと言って何度でもやり直せるものでもありません。 業者選びのポイントで始めに確認して欲しい、実績について説明しています。

担当者の対応もチェックポイントです!

リフォーム業者の選び方、注意点を企業や施工だけに絞っているとトラブルになってしまうケースもあります。 住宅のリフォームは施工が終わったからノータッチ、という訳には行きません。打ち合わせや担当者の反応を見ながら、業者を決めていく事で後悔せずにリフォームが出来ます。

アフターサポートの重要性

リフォーム前まではしっかり対応していたけれど、終わってからは音沙汰なし。これは質の悪いリフォーム業者の事です。 本来であればアフターサポート期間を設けていますし、何よりコンタクトが取れないのはよくありません。保証やサポートから見る業者の選び方を紹介しています。